【イオン銀行カードローン】審査・申込の7つのポイント ※口コミ&評判

虚偽の記載をしないことがイオン銀行カードローンに必要

イオン銀行カードローンでは、虚偽の記載をかなり厳しく見ていることが多いです。虚偽の記載は信用を失う行為でもありますが、カードローンのサービスを利用するためにはちょっと多くしておこうという考えを持ってしまいがちです。

このような問題によって、様々な部分をこっそり変えてしまうと、審査で落とされてしまうことがあります。特に審査落ちされやすい部分としては、年収を多くしすぎることで詐称することにあります。

年収を多くしたとしても、会社がどのような所なのかを考えていけば、明らかにおかしいという判断をされてしまう可能性があります。また過去に同じ所から申し込みをしている方のデータは残っていることが多いので、それを見て年収欄がおかしくなっているなら審査をくぐろうとしている可能性が高いと判断されてしまいます。

これらの問題については、イオン銀行カードローンを利用することが出来ないと判断して、審査落ちという判断を下すことになります。

出来る限り虚偽の記載を絶対にしないように気をつけてください。そして虚偽の記載をした場合は、この部分を多く見積もって書いてしまったと正直に話した方がいいです。

何らかの問題が起きて、後からブラック扱いにされることは避けなければなりません。イオン銀行カードローンはある程度の年収が必要とされており、クリアするための年収は250万円くらいは欲しい所です。

そのために年収を増やすようなことをすると、後から大変なこととなります。

虚偽の記載はどのような場面でも良くないとされている部分があるので、もしイオン銀行カードローンを利用したいと考えているのであれば、まず虚偽の記載をしないように心がけてください。

そして失敗して沢山の部分で嘘をついた場合は、予め連絡をして本当の内容に変えておいた方がいいです。イオン銀行カードローンは虚偽の部分については結構審査を厳しくしていることが多いので、すぐにばれてしまいます。

URL :
TRACKBACK URL :

コメントはこちら

*
* (公開されません)
*

Return Top